スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業承継に思うこと②

前回の事業承継に思うこと①でも触れた弊社代表の新刊「リーダーは誰だ?」
お陰様で販売も好調で、8月20日に開催する出版記念セミナーにも
多数のお申込みを頂いています。

それだけ経営者の方々の後継者、次世代幹部に向けての
ご関心が深いのだと思います。


書籍の中ではモデルの企業で、「将来ビジョン作成プロジェクト」なるものが
出てきますが、弊社ではこうした幹部候補の社員に対するコンサルティングを
実施させて頂くこともあります。

そうした時に感じるのは、意識改革には非常に時間と手間が掛かると言うことです。
こうしたプロジェクトは最低3カ月、平均で半年から1年掛かります。


私が過去に関わったプロジェクトでも以下の様な方々にお会いしました。

・当事者の意識が薄く見られてしまう創業社長のご子息
・プロジェクト選抜されて嬉しいものの、考えたことのない議題を与えられて
 思考停止になってしまう社員
・プロジェクトが進むにつれて、やたらと反発するリーダー候補
・創業社長には言えないことを私の前ではやたらと言う社員
・後継者の思いを知って、愕然とする社長
・後継者候補の思いを知って、感動する社長

思い返すと、実にいろいろなことがあったと思います。

こうした方々が、紆余曲折を経ながらプロジェクトを進め、
リーダーシップとは何かということを体感していくのです。
理屈だけではない世界があります。

そして、これは事業承継のプロセスでも重要です。

後継者は一朝一夕では育たないのはもちろんですが、
後継者を取り巻く幹部社員も同様です。


将来を共に考える場をつくり、脳に将来志向を
植えつけていくことが必要となります。

会社の発展、成長のための将来ビジョン作成プロジェクトをお勧めします。



リーダーは誰だ?



■ NIコンサルティングHPはこちら
- M&Aについて
- M&Aの現場で大切なこと
- M&Aコンサルティングサービスの特徴
- 会社の譲渡・売却のお考えの方
- 会社の譲受・買収をお考えの方
- M&A ご相談の流れ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 利彦

森 利彦 早稲田大学商学部卒業。
小売業、リース会社を経て、NIコンサルティング入社。
250社以上の可視化経営に関わるコンサルティングを実施後、教育研修事業、M&A事業に携わる。
中小企業診断士 PHP研究所認定ビジネスコーチ。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。