スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M&Aによる地殻変動

ここしばらくソフトバンクによる米国スプリント社の買収についての
報道が続いています。
スプリント社は米国第三位の通信会社です。

さすがにここに来て進捗は一進一退という状況に見受けられますが
ソフトバンクがこのスプリントを買収することで
米国および日本、ひいては世界の通信業界の勢力図に変化が出てくることでしょう。

こうした勢力図の変化は、あたかも地殻変動の様です。
M&Aによってこうした地殻変動が色々な業界でもたらされています。

ここ最近で、他に気になったのは出版業界です。2件のニュースがありました
出版デジタル機構による電子出版取次大手ビットウェイの買収(5月30日付 日経新聞)
楽天による出版取次3位大阪屋への出資(6月4日付 日経新聞)

出版デジタル機構やビットウェイは共に出版社の持つ書籍のコンテンツを電子化する
電子取次会社の位置付けです。共に2万点、12万点の取扱量があります。
出版デジタル機構はビットウェイ買収によって、米国の6分の1と言われる
日本国内の電子書籍市場を拡大する狙いです。


一方、楽天は出版取次3位の大阪屋の3割超の筆頭株主になります。
これによって大阪屋の取引先である2000の書店で「楽天市場」で購入をした商品を
受け取れるようになるとのことです。書籍以外の商品にも広がるようです。

アマゾンドットコムの出現以降、出版業界はすごい勢いで変化が起きてきましたが
今回の2つのM&Aはそうした変化の中で更に業界を動かす事例になりそうな気がします。

皆さんの業界はいかがですか?
地殻変動は起きていませんか?
現在のようなスピードの早い時代では、
地殻変動を感じてからでは遅いかもしれません。

地殻変動を感じないようにするには、自分が動く事です。
動いている時は揺れは感じないものです。


地殻変動を起こすようなM&Aをサポートしていきたいと思います。




■ NIコンサルティングHPはこちら
- M&Aについて
- M&Aの現場で大切なこと
- M&Aコンサルティングサービスの特徴
- 会社の譲渡・売却のお考えの方
- 会社の譲受・買収をお考えの方
- M&A ご相談の流れ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 利彦

森 利彦 早稲田大学商学部卒業。
小売業、リース会社を経て、NIコンサルティング入社。
250社以上の可視化経営に関わるコンサルティングを実施後、教育研修事業、M&A事業に携わる。
中小企業診断士 PHP研究所認定ビジネスコーチ。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。