スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手企業の海外M&Aに対して

こんにちは、NIコンサルティングの森 利彦です。

最近、日本の大手企業が海外企業を買収するというニュースが目につきます。
先日は世界トップの空調メーカー、今日はウィッグの大手企業の記事が出ていました。

昨年も大型の海外企業に対するM&A、いわゆるクロスボーダー案件が相次ぎましたが
ここにきて、継続する円高を背景としたM&Aの動きがますます活発化したように思います。


元気な日本企業が活躍することは喜ばしいことですし、
今後も大手企業のこうした動きはしばらくは続く事でしょう。

しかし、一方で懸念があります。
懸念とは、大手企業が海外企業のM&Aを行い、勢いを増す一方で
国内の海外進出が困難な中堅中小企業が弱っていくということです。

大手企業が海外企業のM&Aを行う理由には、成長する海外市場と
低迷する国内市場の構図という背景があります。


市場を創ってきた元気な大手企業が海外に出ていくと、将来的には
その大手企業から仕事を受けていた中堅中小企業にしわ寄せが行きます。
大手企業の海外へと市場が分散していくことで、国内で中堅中小企業が受けていた仕事
が減るリスクが増すのです。

産業の空洞化という言葉が叫ばれて久しいですが、海外企業へのM&A
この流れが加速するのではないかと考えます。

中堅中小企業はこうした現状にどのように立ち向かっていくべきでしょうか。

私は今こそ、新たな価値を産むべきだと考えます。
特に大手企業を顧客とする中堅中小企業程、
新たな価値を産むことを実行に移す時期に来ています。


これまで育んできた価値は重要ではありますが、
大きく変わった新サービス、新商品を通じて、新しい市場をつくることが
全体として縮小していく日本市場で生き残る道だと思います。

しかし、自社だけで新たな発想、新たな価値、新たな市場を産むことは大変です。
そのための一つの手段として、M&Aが有効だと思います。

M&Aは企業文化の違う会社が一緒になるリスクもありますが、
異文化の融合を通じて、新たな価値が生まれるメリットもあります。
これはどれだけ社員教育をしてもかなわない効果です。


新たな価値を産むM&Aをお手伝いしていきたいと考えます。

■ NIコンサルティングHPはこちら
- M&A について
- M&Aの現場で大切なこと
- M&Aコンサルティングサービスの特徴
- 会社の譲渡・売却のお考えの方
- 会社の譲受・買収をお考えの方
- M&A ご相談の流れ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 利彦

森 利彦 早稲田大学商学部卒業。
小売業、リース会社を経て、NIコンサルティング入社。
250社以上の可視化経営に関わるコンサルティングを実施後、教育研修事業、M&A事業に携わる。
中小企業診断士 PHP研究所認定ビジネスコーチ。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。