スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M&Aとニュース性

こんにちは、NIコンサルティングの森 利彦です。

私は毎日、通勤時に日経新聞を読んでくるのが日課なのですが、
M&Aに関する記事はほぼ毎日出ています。
多い日は1日10件近くとなることもあります。
毎日毎日、よくこれだけ出てくるなと思います。

M&Aは売り手、買い手共に関係する利害関係者、
いわゆるステークホルダーが多岐にわたると言うこともあります。

上場企業には投資家保護の観点から公開義務もありますが、
これだけニュースになるのは何より話題性があるということでしょう。
大手同士の案件は特にTVやラジオ、ネット上のニュースになります。
ビジネス番組だけではなく、通常のニュースでも取り上げられます。

こうしたニュースを見ていて、
私はM&Aアドバイザーとして気を付けていることがあります。
それはニュース性の高さとM&Aの意味は分けて考える必要があると言うことです。
一例を挙げると、先週、ある家電量販店販社のM&Aがニュースになりました。

業界の上位企業同士のM&Aであること、BtoCビジネス、
すなわち消費者から見えやすい企業同士ですのでニュース性の高いM&Aです。

私は例によって、朝の新聞で見たのですが、このM&A
TVのどのニュース番組でも取り上げられていました。
1週間経った現在では、更に認知度も上がっているでしょう。

しかし、私がM&Aとして関心を持ったのは、同日のもう1件のM&Aです。
こちらも買い手は家電量販店ですが、売り手は他業態である住設機器会社です。
買い手企業は昨年には、住宅メーカーを買収しています。

キーワードは次世代型省エネ住宅「スマートハウス」事業です。

今回の狙いは住宅内の住設機器に加えて、売り手企業の保守・点検サービス拠点を
昨年買収した住宅事業でのスマートハウス保守・点検の拠点にすることです。

このM&A

家電量販店 + ハウスメーカー + 住設機器会社

による、新たな価値が世の中に生まれることになるのではないでしょうか。

先に挙げた事例と比べると、ニュースとしての露出は低かったようですが、
異業態のコラボレーションによる新たな価値の創出という観点で価値が高いと思います。

M&Aアドバイザーとして、新たな価値を生むM&Aをお手伝いしていきたいと思っています。

■ NIコンサルティングHPはこちら
- 新しいコンサルティングのカタチ
- M&A トップ
- M&Aの現場で大切なこと
- M&Aコンサルティングサービスの特徴
- 会社の譲渡・売却のお考えの方
- 会社の譲受・買収をお考えの方
- M&A ご相談の流れ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 利彦

森 利彦 早稲田大学商学部卒業。
小売業、リース会社を経て、NIコンサルティング入社。
250社以上の可視化経営に関わるコンサルティングを実施後、教育研修事業、M&A事業に携わる。
中小企業診断士 PHP研究所認定ビジネスコーチ。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。