スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M&A:企業価値の高め方④

今回は企業価値の高め方の4回目として、
前回の最後に説明した過去の自社、自分から脱却する方法を説明します。

「そんな方法があるなら教えてくれ」と言われる方も多いと思いますが、
実はそれ程すごい方法があるわけではありません。

考えて頂きたいのは20年後の自分と自社の成功イメージを描く事です。
これは「ビジョン」と言い換えることもできると思います。


この話をすると、皆さん口をそろえて仰るのが以下のようなことです。
・来年のことも考えらないのに、20年後なんて無理だ。
・20年後は他社にいるかもしれない。
・その頃には自分は引退している。
・自分はそんなことを考える立場ではない。
・考える材料も無いのに、妄想にならないだろうか。
・そもそも今迄そんなことは、考えたことも無い。

しかし、私はあえて言いたいと思います。
では、20年後には御社は無くなっているのでしょうか?
無くなっているのが嫌なのであれば、まずは考えてみることをお勧めします。

これは立場、年齢は関係ありません。
新卒の20歳前後の社員でも20年後は40歳前後です。
30歳であれば50歳、40歳であれば60歳になります。
50歳でも70歳です。
20年後は70歳でも働いている人が増えているでしょう。

そうした時にどのような状態になっていたいでしょうか。
イメージをしてみて下さい。
そしてそれを書き出して、イメージにしてみて下さい。
それがビジョンです。最初は曖昧で良いのです。
しかしイメージをし続けると、だんだんクリアになってきます。
そして同僚と会話をしてみて下さい。
どんな自分でいたいか、どんな会社でいたいか。


こうしたことを考え続けられる社員がどれだけ多いかで
その会社の価値は確実に上がります。

先行き不透明な時代に、あえてこうした現状の延長線上に無いことを
考え、目標設定の力をつけることが重要だと考えます。
必要なものは後からついてきます。

私達は、こうした社員を育成する為の教育研修事業も行いつつ
強い会社をつくるお手伝いをしていきます。


■ NIコンサルティングHPはこちら
- M&A トップ
- M&Aコンサルティングサービスの特徴
- 会社の譲渡・売却のお考えの方
- 会社の譲受・買収をお考えの方
- M&A ご相談の流れ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 利彦

森 利彦 早稲田大学商学部卒業。
小売業、リース会社を経て、NIコンサルティング入社。
250社以上の可視化経営に関わるコンサルティングを実施後、教育研修事業、M&A事業に携わる。
中小企業診断士 PHP研究所認定ビジネスコーチ。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。