スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリックスのM&A

先週、金融サービス大手のオリックスがまたM&Aをするとのニュースがありました。
11月13日(木)付の日経新聞の夕刊、11月14日(金)の朝刊に大きく取り上げられていますが
会計ソフトの弥生をを買収するとのこと。


私はリース会社に勤務していたことがあり、オリックスの事業モデルには関心を持っています。

リース会社は元々は金融サービスを行っているものの銀行ではないため、ノンバンクという言い方をされていました。
しかし、オリックスはM&Aを駆使しながら、生保、損保、更には銀行事業もグループ内で行っており、
今や新聞の見出しでも「金融サービス」大手と書かれています。
細かいことかもしれませんが、リース業界出身者としては、感慨深いものがあります。

プロ野球チームのオリックスバッファローズの経営も既に長く行っており、
最近も積極的な事業展開をしているなとは思っていましたが、
今回のような会計ソフト分野への事業展開は興味深いです。

日経新聞の記事によると、狙いの一つは弥生会計の顧客基盤と書かれています。
オリックスの顧客は大企業・中堅企業が中心で、弥生会計が持つ小規模企業125万社の顧客基盤を
一気に手に入れることができるとあります。

一般にリース事業は、期間が物件によるが3~5年と長期になることが一般的です。
従って、小規模企業者に対する与信は厳しいくなります。
結果的に小規模企業者へはリースで取引をすることが難しく、取引は手薄だった可能性があります。
また、リースは手数料ビジネスなので、小規模事業者より取引量でスケールメリットが出る
中堅・大手を皆が狙いに行き、リース料率競争を繰り広げてきました。

価格ではなく、サービス面での差別化をリース会社各社が行っていました。

そうした中で今回のM&Aです。
オリックスはリース事業では与信面で取引が難しい小規模事業者に対して
グループ内の様々なサービスを展開することができる基盤が整ったのでしょう。
実際に、貸しオフィス、プロ野球、ホテル、ゴルフ場等、グループ内で様々なサービスを持っています。
こうしたサービスはリースと違って、商談サイクルも短く、現金決済が中心で与信もリースほどは問われません。
何より経営者への直接アプローチができます。


また、弥生が会計ソフトサービスを提供しているという点も重要です。
弥生が持つ顧客の取引データを活用したビジネスもできるでしょう。

しかし、これでオリックスは事業は更に広がりました。
オリックスはどこに向かおうとしているのでしょう。
社名に一つのヒントがあるのではないかと考え、会社のホームページを見ました。

すると、オリックスの社名の由来は
~「ORIX」は、独創性を意味する「ORIGINAL」と柔軟性や多様性を象徴する「X(∞:無限大)」を組み合わせて生まれた名前です。
理念である「"たえず先見性をもち創造性を追求する"積極的な姿勢」と「グループの有機的な結合」を表しています。~
~オリックス ホームページより~
とあります。
独創性、柔軟性、多様性を意味すると言う点で、社名が事業を体現していると言えるでしょう。

今後もこうしたオリックスの事業展開を研究していきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 利彦

森 利彦 早稲田大学商学部卒業。
小売業、リース会社を経て、NIコンサルティング入社。
250社以上の可視化経営に関わるコンサルティングを実施後、教育研修事業、M&A事業に携わる。
中小企業診断士 PHP研究所認定ビジネスコーチ。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。