スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ABCマートに見る業態転換・M&A

突然ですが、私はABCマートが好きです。
私は中学校、高校生地代ににバブル経済を体験しました。
当時はDCブランド全盛期。
とは言っても中学生、高校生ですから使えるお金は知れています。

そんな中で、当時はやっていたのが、Hawkinsというブーツのブランドです。
私も欲しかったのですが、そのHawkinsを売っていたのがABCマートです。
ABCマートは、他の靴の小売店と比べて非常にオシャレで光って見えました。

今思うと、なぜDCブランド全盛期でHawkinsなのかは
良くわかりませんが(笑)、大人になったような気がしたかったのでしょう。

さて、今回のタイトルですが、日経新聞に
経営者が中間管理職だったころを振り返る「私の課長時代」という記事があります。


先週、今週の回がはABCマートの野口実社長の話だったので、一ファンとして
ミーハーな気持ちもあって興味深く読んでいたのですが、実は
ABCマートは業態転換や事業提携、M&Aという視点でも非常に興味深い企業です。

今回の記事の中でも以下の点が面白いと感じました。

・ABCマートは元々は輸入服の卸・販売業だった
・Hawkinsは95年に英社から商標権を買っていた
・2002年に卸から小売りに一本化した。現在は国内に770店舗。
・業態転換するきっかけの一つに大手取引先の問屋の倒産があった。
・小売に業態転換する中で社員の不満とも向き合った。
 商社に入ったと思ったのに小売業特有の土日出勤に抵抗のある社員に対し
 自分が売り場に立ち、率先垂範した。


服の卸が、靴の小売へ業態転換し、看板製品は商標権を買ってしまった、
と言うことですが、コンサルティング、M&Aに携わる立場で考えると、
これだけの決断や実行は相当難しいと思います。
特に業態転換は理屈ではその通りなのですが、多くの企業では
なかなか変わろうとはしません。

以前に野口社長が別の記事で、売り場には毎週出るというのを
読んだ記憶がありますが、それにはこういう背景があったのかと思いました。

最近ではABCマートは、米国ホワイトブーツ社(高級ブーツメーカー)買収や
少し前では、米国ラクロスフットウェアや、そのOEM供給先の石川県の靴工場の買収等
M&Aでもでも有名です。


卸⇒小売⇒製造と事業領域を広げる様は、非常に興味深いです。
最近ではHawkinsのブーツははいていませんが、ABCマートの店頭に行ってみたくなりました。

今回の記事を読んで、改めて、新たな業態を創る事業提携やM&A
サポートをしたいとの意を強くしました。


inq.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 利彦

森 利彦 早稲田大学商学部卒業。
小売業、リース会社を経て、NIコンサルティング入社。
250社以上の可視化経営に関わるコンサルティングを実施後、教育研修事業、M&A事業に携わる。
中小企業診断士 PHP研究所認定ビジネスコーチ。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。