スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業承継のためにビジョンの見える化を!④

ビジョンの見える化で重要なステップはビジョンマップの作成です。

ビジョンマップと言ってもお分かりになりづらいと思いますが、
これはバランススコアカードの戦略マップの考え方を基にしています。


戦略マップ及びバランススコアカードについては、多数の書籍も出ていますし
弊社の専務取締役の本道が詳しいので、ここでは詳細は述べません。
要約すると、会社のあるべき状態を、
①財務の視点 (売上、利益等の財務指標の視点)
②顧客の視点 (顧客満足度、市場占有率等、顧客からの評価、要望の視点)
③業務プロセスの視点 (社内の業務手順、仕組の視点)
④人材と変革の視点  (社員レベル、社員満足度等 主に人に関わる視点)
の4つに分けて、それぞれを関連付けて考えるのです。

これは一見難しそうですが、私は非常に良くできた区分だと思います。
というのは、組織はこの4つの視点をいかに組み合わせるかが重要なためです。

前回の例の吉野家で考えると、
(現状)
①売上、利益 ②「うまい、安い、早いが良い」
③チェーンオペレーション ④アルバイト教育、店舗巡回担当教育
というイメージです。

①財務を高めようとするためには、②顧客による評価が必要です。
②顧客の評価を得るためには、③業務プロセスを磨く必要があります。
③業務プロセスは、最終的には④の人材に代表される経営資源によって支えられています。

私どもはコンサルティングを行う際にこの手法を用います。

前回からお話している「自社は何業か」という事業ドメインは
一言では表すことができるものの、上記の4つの視点のような説明はありません。

従って、この事業ドメインを実現するために、具体的に
①いくらの売上、利益を生むことができるか、何をどれくらい売るか
②どんなお客様からどのように支持されたいか
③それを行うためにどのような仕組、手順が必要か
④仕組、手順を実現するために必要な経営資源(人、モノ、金、情報)
は何か
を明らかにしていくのです。

こうしてビジョンマップに落とし込みをすると、
①の売上、利益まではいわば掛け声で、今の10倍にするといった威勢の良いことが言えますが
②、③、④と掘り下げていくと、具体化できないことが出てきます。
あるいは描いてはみたものの、まったく新しい市場のため、どんな業務プロセスが必要か、
見当もつかないものが出てきます。

もちろん、描けるに越したことはありませんが、私は描けなくも良いと思っています。
むしろ、自社で全部できないことが早めにわかれば、そうした業務分野に知見のある人材のいる
会社と提携するという方法もあります。

我々は資本提携、事業提携といったM&A仲介事業を行っていますが、
考え方の原点はこうしたビジョンマップによる、ビジョンの見える化です。
M&Aや提携はあくまで、ビジョンを実現するための手段で、
大事なことは皆が取り組みたいと感じるビジョンを、いかに魅力的に伝えられるように
するかだと考えています。

これらの例は具体的なものは、弊社代表の書籍「戦略の見える化」や
実践編として「戦略的ビジョン構築研修
」というオープン型の研修も行っております。
ご関心のある方は是非ともお声掛け下さい。

戦略的ビジョン構築研修


inq.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 利彦

森 利彦 早稲田大学商学部卒業。
小売業、リース会社を経て、NIコンサルティング入社。
250社以上の可視化経営に関わるコンサルティングを実施後、教育研修事業、M&A事業に携わる。
中小企業診断士 PHP研究所認定ビジネスコーチ。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。