スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメンチェーンのM&A

1月23日付の日経新聞で、あっと驚くM&Aのニュースがありました。
~アジアに110店「8番らーめん」リンガーハットが買収~という記事です。
※両社のホームページ上で確認した所、両社が発表したものではなく、決定事項は何もないとのことです。
 その前提でお読みください。

「8番らーめん」と言っても、ご存知の無い方も多いかもしれません。

私は妻が北陸出身で帰省の度に「8番らーめん」に行っており、
今ではすっかりここの野菜らーめんのファンです。
1回の帰省で何度も行くことも珍しくありません。
関東でも先日まで近くのショッピングモールに一店だけ入っていたのですが、いつの間にか
無くなってしまいました。ほぼ北陸だけで展開するラーメンチェーンと言えるでしょう。
北陸出身の方からするとソウルフードと言っても良いのではないかと思っています。

その「8番らーめん」を展開するハチバンを長崎ちゃんぽん店を運営するリンガーハットが
展開する買収するとのですから、非常に気になりました。


しかし、この報道をきっかけに恥ずかしながら以下のことを知りました。
・ハチバンは国内で150店だが、海外ではタイを中心にアジアで110店も展開をしている。
 タイでは麺、ギョーザなどの食品を加工する工場もある。
・ハチバンはジャスダック上場企業である。売上64.7億円、経常利益3.6億円、総資産40.5億円、
 純資産26.9億円(いずれも2013年3月期)の優良企業であること。
・一方リンガーハットは売上350.7億円、経常利益12.3億円(いずれも2013年2月期)の同じく優良企業だが
 海外は9店の出店である。


両社は現地の消費者の好みに合わせたメニュー開発、タイのハチバンの工場で質の高い食材の安定供給をするとありますが、この組み合わせは非常に楽しみです。

と言うのも8番らーめんの野菜ラーメンとリンガーハットの長崎ちゃんぽんの顧客は
重なる部分が多いと思うためです。顧客を奪い合うという以上に相乗効果があるのではないでしょうか。


実際にこの報道の通りになるかはまだ分かりませんが、1人の8番らーめんファンとして
これまでの良さを活かしつつ、タイから更に広い世界に展開していくことが楽しみです。



■ NIコンサルティングHPはこちら
- M&Aについて
- M&Aの現場で大切なこと
- M&Aコンサルティングサービスの特徴
- 会社の譲渡・売却のお考えの方
- 会社の譲受・買収をお考えの方
- M&A ご相談の流れ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 利彦

森 利彦 早稲田大学商学部卒業。
小売業、リース会社を経て、NIコンサルティング入社。
250社以上の可視化経営に関わるコンサルティングを実施後、教育研修事業、M&A事業に携わる。
中小企業診断士 PHP研究所認定ビジネスコーチ。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。