スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M&A最初の一歩

10月23日の日経新聞の朝刊に日本電産に関する
M&A「狙いは本塁打」という記事が出ていました。


更にその下の見出しには、「買収実績、1年なし」とあります。

ご存知の方も多いと思いますが、日本電産の急成長の要因の一つは
M&Aの成功だと言われています。

この記事では6年ぶり純利益が最高であること等も触れられています。
私が一番関心したのは買収を1年間しないということが新聞の見出しになってしまうという
日本電産のM&A実績です。
はっきり言って、これはすごいことです。

記事によると、日本電産のM&Aは以下のように三期にわたっているとのこと。
・第一期:「要再建企業」の立て直し型
・第二期:「海外名門企業」買収による拡大型
・第三期:「自動車電子化市場」への新分野への参入型

これだけの実績があるため、最近では日本電産が買収交渉をしているという
情報が流れると、海外の大手やファンドが競合で入ってきてしまい、
買収額がつり上る「永守プレミアム」がつくという状態になっていると記事は続いています。


ここまでM&A実績がある会社はそう多くはありません。

一方で、どんなに実績のある会社でも、最初の1件はあったはずです。
日本電産も今でこそM&Aの「独自ノウハウ」が蓄積されていますが、
それもこれまでの積み重ねの結果です。
最初の1件は検討及び実施後も色々な紆余曲折があったのではないかと思います。
こうしたリスクを取って、独自ノウハウでシナジー効果を出した結果が
今の日本電産の姿なのです。

私がクライアント企業の皆様にM&Aで買収提案をする中で残念に思うことは、
この最初の一歩を踏み出す意欲の無い方が少なからずいることです。

・うちの会社では難しい
・うちの業界は閉鎖的だから
・自社の経営も難しいのに、他の会社まで見れない

確かに難しい理由を挙げたらキリは無いでしょう。
しかし、一方で難しい理由だけを上げていたら、M&Aで得られる
スピーディーな成長の機会の芽も摘んでしまうことになります。

M&Aの初めの一歩を踏み出すお手伝いをしていきたいと思います。
プロフィール

森 利彦

森 利彦 早稲田大学商学部卒業。
小売業、リース会社を経て、NIコンサルティング入社。
250社以上の可視化経営に関わるコンサルティングを実施後、教育研修事業、M&A事業に携わる。
中小企業診断士 PHP研究所認定ビジネスコーチ。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。