スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市場消滅とM&A

私は音楽が好きです。
と言ってもいわゆるポップミュージック(この言葉は死語かもしれませんが)やロックです。
中学生の頃にバンドブームがあり、ギターも始めました。
たまにまだ弾いていると言う位の普通の音楽好きだと思います。

振返ってみると、音楽を聞くというのは変化の歴史でした。

小学生の頃は、実家の居間のステレオでLPの紙ジャケットからLPレコードを出して
テープにダビングをして聞いていました。

中学生になると、CDが発売されました。大きなLPレコードの売り場がレコード店から
だんだんと狭くなっていき、コンパクトなCDの売り場が広くなっていきました。
何十万円もするCD、レコード両方搭載型の大型ステレオが私の憧れでした。

高校生になると、レコード売場自体、姿を消していきました。
また、当時は外出の際はいわゆる「ウォークマン」でカセットの音源を聞いていました。

大学生後半からは、MD(ミニディスク)が出てきて、CD音源をダビングして聞くようになりました。
レコードはDJ(ディスクジョッキー)がオシャレなクラブでかけるものという風に変わっていきました。

そして、社会人になり、しばらく音楽を聞かなくなりました。
そしてこの何年か、スマートフォンを買ってからはスマホで通勤の途中に聞いています。

前置きが無くなりましたが、今回のタイトルは「市場消滅とM&A」です。
不穏なタイトルと、自分の昔を振り返っていますが、
これは、9月17日(水)の日経新聞の「パイオニアAV手放す」という記事を読んだためです。

この記事によると、オーディオ御三家のパイオニアは家庭用AV(音響・映像)機器事業の分離及び
DJ向け機器事業の売却方針を発表したとのことです。
併せてグループ従業員の1割にあたる2,200人の削減計画も明らかにしました。
オーディオ機器市場は88年の6,620億円をピークに、2013年には6分の1以下の
1,017億円にまで縮小をしているとのこと。
御三家の山水電気は2014年7月に破産手続き開始決定、
ケンウッドは2008円に日本ビクターと統合してJVCケンウッドとなりました。


経営には様々なリスクがありますが、私は最も恐ろしいのはこの市場消滅だと思います。
技術革新、顧客の嗜好の変化、代替品登場によって、これまでのお客様が自社の存在すら忘れてしまう位、
圧倒的なスピードでお客様が減っていくのが市場が消滅するということなのです。

そして私が申し上げるまでもありませんが、これらの変化のスピードは加速し
色々な分野へ広がっています。
変化の先取りをして、スピーディーな手を打っていかないと生き残っていくこと事態が難しくなっています。

今回のような記事を取りあげたのは、M&Aの仕事をしていると、このように市場が消滅しかけている分野の
企業からのご相談が増えていると感じているからです。

手を打てる企業もあれば、残念ながら難しいという企業もあります。
いずれにせよ、今後こうした市場の変化のスピードは加速し、更に新たな市場が生まれていくでしょう。

私は変化に対応し、新たな市場を創っていくM&Aをお手伝いしたいと思っています。
パイオニアの記事を見て考えたことを述べさせて頂きました。
スポンサーサイト
プロフィール

森 利彦

森 利彦 早稲田大学商学部卒業。
小売業、リース会社を経て、NIコンサルティング入社。
250社以上の可視化経営に関わるコンサルティングを実施後、教育研修事業、M&A事業に携わる。
中小企業診断士 PHP研究所認定ビジネスコーチ。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。