スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M&Aの企業探索③

前回までの2回で、
・売却検討先の事業内容の把握のポイント
・買収検討先の探索のポイント
を整理しました。


読んで頂いている方からすると
そんなことは当たり前だし、M&Aでなくても企業調査する時は必ずやっているよ、
と思う方も多いと思います。

実際、その通りなのです。
M&Aでなくても、コンサルティングをする際、
融資をする際、投資をする際に、
これまで述べたようなポイントは出てきます。

しかし、私の実感では
M&Aの検討初期段階でこれらを網羅して知ることができることは、稀です。
部分的にはまとまっているのですが、
足りない箇所、分からない箇所があるといのが普通なのです。


理由は大まかに整理すると以下の3つです。

①売り手側の理由(初期段階では隠しておきたい、正確に把握していない)
②買い手側の理由(初期段階で真剣に考えていない、正確に把握していない)
③仲介者側の理由(買手側、売手側との関係性)


また、仲介者側の要因で考えても仲介者のバックグラウンド
(元々の出身母体、M&A仲介会社、銀行、証券会社、ベンチャーキャピタル、
会計事務所・税理士事務所、経営コンサルタント、不動産関連等)
に寄って、企業の見方に特徴があります。

当然、私にも会社の見方には特徴があります。

こうした中でM&Aの探索業務を行うために、必要な力があると思います。
私が必要だと考えている能力・経営資源は以下の通りです。

①対象企業との関係構築力
②不足情報補足力
③ネットワーク構築力
④情報把握ツール
⑤伝達力


やや分かりづらい言葉もありますので、
次回以降で、これらを説明していきます。


inq.png
プロフィール

森 利彦

森 利彦 早稲田大学商学部卒業。
小売業、リース会社を経て、NIコンサルティング入社。
250社以上の可視化経営に関わるコンサルティングを実施後、教育研修事業、M&A事業に携わる。
中小企業診断士 PHP研究所認定ビジネスコーチ。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。