スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦略的ビジョンとM&A

前回から間が空いてしまいましたが、ご紹介をしていた
戦略的ビジョンを考え取り組む研修である「戦略的ビジョン構築研修」を昨日、弊社の東京本社で実施致しました。

私の今の主な仕事は、M&Aの仲介・アドバイザリー業務ですが、
コンサルティング会社である弊社がM&Aに関する業務を行う上で、
この「戦略的ビジョン」を考えることは非常に重要だと考えています。

ビジョンを語ることは難しくありませんが、
ビジョンを目指すための具体的なアクションの実行、
社員とビジョンを共有するこはなかなか難しいことです。

昨日はオープン参加型研修ということで、色々な企業様に参加頂きました。
参加者はビジョンを考える立場の方ですので、後継者の方々が中心です。
受講者の参加動機で共通するのは、現状の事業に対する将来への不安です。

一言で言うと、
「先代のビジネスが今後いつまで続けられるのだろう」かと言うことです。
そして
「新しいビジネスを作り出していきたい」という考えを持っておられます。。


こうした中で戦略的ビジョン構築研修は進んでいきます。
研修には様々な内容が盛り込まれていますが、私が一番難しいと感じるのは
目標設定のための「戦略的思考」です。

「戦略」を弊社代表の長尾は著書「戦略の見える化」で
「最少投入で最大効果を生む方法」と定義をしています。
戦略実現に向けて重要なことは「長期的なビジョン」を考える必要があるのですが、
何が難しいかというと、現状の制約に縛られて自由な発想ができないことです。

book_senryaku.png


新しいことを考えようとすると、現状の人、モノ、金の経営資源に縛られてしまい
発想ができないという悩みが出て来ます。

実は私はこれだけでも、研修は成功だと思っています。
と言うのも、それくらい難しいことに気付いたことが重要なのです。
「ビジョン」というのはそれ位、示すのが難しいものなのです。

こうしたスタップを踏みながら、考えたビジョンを見える化する手法について
講義、実践をしていきます。「ビジョンマップ」と言う手法です。


「ビジョンマップ」では向こう20年のあるべき姿を実現するストーリーが示されていきます。
受講者の皆さんもいろいろとお悩みの結果、明るい未来を描いて頂いていました。
この中には多くの企業様で、M&Aというキーワードが出てきます。
ビジョン実現に向けて、M&Aは必須なのでしょう。


昨日も多くの企業様のお考え、お悩み、未来について議論することができました。
ビジョン実現に向けて、M&Aでお役に立ちたいと思っています。


inq.png
プロフィール

森 利彦

森 利彦 早稲田大学商学部卒業。
小売業、リース会社を経て、NIコンサルティング入社。
250社以上の可視化経営に関わるコンサルティングを実施後、教育研修事業、M&A事業に携わる。
中小企業診断士 PHP研究所認定ビジネスコーチ。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。