スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M&Aで成長戦略を考える

こんにちは、NIコンサルティングの森 利彦です。

M&Aの事例は成長戦略を考えるのに役立ちます。

たまたま今日の新聞にもこうしたことを考えるのに
ふさわしい企業の事例がありました。

この企業は日本発の世界最大のタイヤメーカーです。
世界最大で好業績ですが、この成果を出すために
様々な取り組みをしていることが書かれていました。

その中で印象的だったのが、今から5年前に行なっているM&Aです。
タイヤ製品がメインの事業ですが、5年前にタイヤの張り替え事業を行う
会社を買収しているのです。


狙いの一つは原材料コストが上昇するリスクを回避することです。
世界トップの企業でさえも、原材料の調達リスクはあります。

原材料であるゴムの仕入れコスト増は、収益悪化につながります。

そこで原材料コスト大幅削減をしつつ、利益を生む方法として
タイヤの状態を調べて寿命を判断し、張替えを促すことです。
製品を製造するメーカーとしての発想ではなく、
「 製品 + サービス 」によって
新たな価値を産もうとしていることがこの戦略のポイントです。
しかし、世界最大のメーカーがこうした自社製品の販売減につながる
可能性のある事業を自社内で育てるのには相当な困難を伴います。

私はそこでM&Aを行ったのではないかと考えます。

こうした大手企業のマネはできないとお考えの向きもあるかと思いますが、
規模の大小を問わず、企業経営において、事例から考えられることは沢山あると思います。

新たな価値を産むM&Aで企業の成長戦略実現をお手伝いしたいと考えています。

■ NIコンサルティングHPはこちら
- M&A について
- M&Aの現場で大切なこと
- M&Aコンサルティングサービスの特徴
- 会社の譲渡・売却のお考えの方
- 会社の譲受・買収をお考えの方
- M&A ご相談の流れ
プロフィール

森 利彦

森 利彦 早稲田大学商学部卒業。
小売業、リース会社を経て、NIコンサルティング入社。
250社以上の可視化経営に関わるコンサルティングを実施後、教育研修事業、M&A事業に携わる。
中小企業診断士 PHP研究所認定ビジネスコーチ。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。